『ミエてくる!』2019年2月25日

珍しい特殊神事「日本一ほほえましい 狐の嫁入り神事」

 
【日本一ほほえましい 狐の嫁入り神事】
日時:2019年2月3日(日) ※毎年2月節分の日
場所:三重県四日市市海山道町鎮座 海山道神社
 
小学生の頃から晴天なのに雨が降る日は「狐の嫁入りだ!」って信じてた。
その狐の嫁入りが実際に見れる神事。
ずっと前から来てみたいと思いつつ・・・いつの間にか数十年。
ようやく夢を叶えに来ました!
とても楽しみです!!

近鉄海山道駅を降りたら、目の前にある海山道神社。
私たちは「みやまどさん」と呼んでます。
正面から赤い鳥居が続きます。

境内には開運稲荷本殿の他、31のお社が鎮座しています。
絶対、自分に合う神様が見つかるはず!
節分祭は厄払いができるし、今年は良い年になりそう♡

海山道開運稲荷神社のご本殿と本宮の洲崎濱宮神明神社を参拝。
さっそく、おみくじを・・・。
初めてみるお守りがいっぱい!カワイイ~!!
「おみくじたまご」と「願かけ石」をお願いしました!
【おみくじたまご】
たまごの殻を割ると中からおみくじが!!
花の種もついていて、何の花かは咲かせてからのお楽しみなんだって。
【願かけ石】
小さな石に願い事を書き願かけをすると願い事が成就する石。
私は「祈 招福・金運」を購入しました。

 

あっつ!!御朱印もらわないと!
「御朱印をお願いします」

本日は特別な御朱印なんだって。ラッキー!!
違いがわかるかな??
書き置きを頂けるとのこと。
ありがとうございます。

※書き置き(既に御朱印が書かれた和紙のこと)
書き置きの御朱印は、そのまま御朱印帳に糊などで貼ってもOK。


【まめ知識】

海山道神社の狐の嫁入り神事って?

◆境内にある「助四郎社」の神使総本家 助四郎家の嗣狐助太郎へ、
 同じく境内にある「福徳社」の神使福徳家の娘狐福子がお嫁入りする行事のこと。
◆厄年の氏子男女がキツネの面と尾を付けて新郎新婦役を演じ、厄払いをします。
◆新郎新婦は社宝の狐のお面をかぶり、長い尾をつけた婚礼衣装姿。仲人も親族も狐の姿です。
◆神社が奉るキツネの婚礼を再現し、節分の恒例行事として戦後から続いています。


神事が始まるのは14時30分から。
社内では準備が進んでいます。

地域の氏子さん達が集まり、ソワソワ。
大切な神事の前なので少し緊張気味。


定刻の14時30分・・・だけど、お天気が安定せず、待機。
決行か中止かの連絡を待って、神主さんは携帯電話を片手に落ち着かない様子。

花嫁衣裳は毎年、その年の新作。新品!
狐の花嫁さんが袖を通すことで、縁起が良いとされています。
そんな花嫁衣裳を雨で濡らすことはNG。
だから、雨が降ると中止にするんだって。

海山道神社の周りにはかなりの人だかりが。
みんな楽しみに待っているし、雨が止むといいなぁ。


しばらく待っていると・・・神職の先導により行列が動き始めた!
よかった~!!無事に神事スタートです。
みんなも笑顔。

神主さんを先頭に、赤鬼青鬼とともに、狐の花嫁さんを迎えに行きます。


素敵な音色が聞こえてきました!!
続いて、海山道神社楽師のみなさんです。

笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)、太鼓の楽師らが雅楽を奏で、賑やかに練り歩きます。

本日は笙2名、篳篥2名、龍笛1名、太鼓1名の5名のみなさま。
あっ、太鼓の担ぎ手2名も加えて総勢7名。

本日は女性の楽師がメイン。
婚礼の舞台が明るくなるから、なんだって。
お祝いムードがまた素敵☆

海山道神社の雅楽を支えるのは10名の楽師。
吹奏楽の経験があったから会社で誘われたり、
もともと神社に興味があり、なにか貢献したいと参加したり、
雅楽に興味があり、参加したり、
理由はそれぞれ違いますが、
みんなで力を合わせながらとても楽しそう!!

月に1回程度練習を行っているそう。
海山道神社の行事は年に7回あり、交代して演奏しているんだって。

最古のオーケストラと呼ばれる神社の雅楽。
◇太鼓は指揮者
他の3つの管楽器の音は下記のように表現されることもあるんだって。
◇笙(しょう)・・・甲高く幻想的な音、天からさしこむ光(天の音)
◇篳篥(ひちりき)・・・中音域で力強い音、地上にこだまする人々の声(地の音)
◇龍笛(りゅうてき)・・・古風な音、天と地の間を縦横無尽に駆け巡る龍(空の音)

昔は楽譜がなかったため、唄ってリズムや音程を覚えてから演奏したんだって。
伝承ってスゴイね。


本日の主役である花嫁(福徳家の娘狐福子)が登場!
狐のお面の表情が独特!
花嫁衣装、すごく素敵!!

こんなに多くの人にお祝いしてもらえるっていいね。

よーく後ろ姿をみると・・・なんと「シッポ」が!!
もふもふ感がめちゃカワイイ~!!
やばい、さわりたい。


赤鬼青鬼の先導、狐のお嫁入りという提灯(ちょうちん)の火に導かれ、
花婿花嫁と仲人、親戚。
また、その後ろを太鼓、笙、篳篥、龍笛の楽師のみなさん。
その後ろを箪笥、長持、千両箱等の嫁入り道具と続きます。

そして結婚式場である舞台の上へ。

神職によりお祓いがあり、
仲人狐の「コーンコーンコーン」の鳴き声で式が始まります。

そういえば行列が始まる前に、仲人狐役の方が「恥ずかしい、緊張するわ」って言ってた。
・・・なるほど。「コーン、コーン、コーン」だからだ。
でも、大きな声で振り切っていて、めちゃ素敵でした!!

夫婦ちぎりの盃(さかずき)ということで、三々九度(さんさんくど)の盃を交わします。
その後、握手してめでたく式が終わると千両箱が開けられ、いよいよ参拝者お待ちかねの祝儀袋が!!


「鬼は外、福は内」という掛け声とともに、境内に向けて祝儀袋と福豆をまきます。
祝儀袋にはお金が入る木の葉のお札(榊の葉に万両の焼印を押したもの)が入っているものがあるそう。
榊の葉はきつねのお金と伝えられているんだって。
知らなかった!!

加えてまたまた、家具や留袖など超☆豪華景品の当る三角くじが入っていることもあるそう。
これはスゴイ厄払いになりそう。


福引き券入りの福豆まき
狐の新郎新婦が福豆の入った袋をまくと手を伸ばしての取り合いが!!
周りの気迫、スゴイ!

ものすごい活気!!
豆の袋が飛び交います。
私は残念ながら、取れませんでした。
控えめなので。(笑)


神社境内は清々しさに加えて、
狐の嫁入り神事の活気のあるムードで、みんなが笑顔。
つられて、私も笑顔でワクワク気分で過ごせました。

神事を体験しているうちに、
昔ながらの伝統が続いていることの素晴らしさと、
それを支えている氏子のみなさまの努力と気持ちに感動しました。

1人ではできないけど、
周りにいる仲間と一緒だからこそ、
継続していけるのだなと思います。

忙しい中、お話を聞かせてくださったみなさまに心より感謝します。
このご縁が長く繋がりますように。
ありがとうございました。
 
【おまけ】
境内で売っていた恵方巻も美味しかったです。
ローソンの販売出店だとは気づきませんでした。(笑)
・・・よーく見たら法被(はっぴ)がローソン。