今年1月にオープンしたばかり!ようやく第2シーズン突入のお店で牡蠣三昧!『かき太郎』


『M子の地産地消レストラン』2012年12月

「その地でとれた食材を、その地で食す!」
シーズン到来の『浦村牡蠣』第2弾!
焼牡蠣だけでなく、カキフライや牡蠣ご飯もいただける、超穴場なお店をご紹介しちゃいます!

パールロードを車で走らせていると、十数軒もの『焼牡蠣屋さん』が目につきます。
が!
ここは去年はなかったはず・・・!
と思い、慌てて車を停めたのが、


『浦村かき かき太郎』です。
オープンは今年平成24年の1月5日。
ニューフェイスです。
焼きかき、生かき、殻付きかき、むき身販売お店です。


家族みんなで切り盛りしている、という感じのお店。
娘さんやお兄ちゃんが手伝っていたりと、アットホームな雰囲気に思わず微笑みが。

牡蠣がガッツンガッツン焼かれていて美味しそうですが、現在30分待ちとのことで、番号札を渡されました。

個数を告げて注文→先にお支払い→番号が来たら持ってきてくれる

という仕組み。
こちらも1個100円です。
食べ放題ではないお店では、この価格が基本のようですね。


外のテーブルは満席だったので、店内へ。
ここ『かき太郎』は焼牡蠣だけでなく、カキフライなどのメニュもあり!
『食べ放題系』のお店では、カキフライなどが付いてくることがありますが、こうして1個ずつ注文するお店で、他の牡蠣メニュがあるのはうれしいです。

右上は浦村産の『牡蠣醤油』と『牡蠣ポン酢』。
ここで購入できますよ。

右下はテーブルに備え付けの、各種調味料。
焼牡蠣に合うものがチョイスされています。
これもまたうれしいサービス。


待っている間にお腹が空いたので『かきご飯』300円を注文。
これは『浦村牡蠣』ならではの特徴を生かしていて、美味しい!
つまり、ご飯自体には牡蠣ではなく、昆布と鰹出汁の風味。
そして身にはしっかり旨味が詰まっています!
磯の香りが淡い『浦村牡蠣』だからこそできる、上品な味わいです。
実は私、「牡蠣の磯の香りの出汁がたっぷり出たご飯」が苦手なので、これは大ヒットでした。
もう一つ買って帰りたかったほど。


『かきフライ』6個で700円。
ここには5個しか写っていませんが、後から1個、追加してくれたのです。
なんて良いお店なんだ・・・!
もちろんどれも、揚げたての熱々!


お行儀悪いとわかりつつも、かじった断面。
噛むとピュッと肉汁(貝汁?)が飛び出して、口の中だけでなく、口の端も火傷します。
でもそれも美味しさの一つ!
身はまだ小粒ながら、しっかりと詰まっていますよ!


どうせなら全部制覇してやる!と注文した『かきのすいもの』200円。
これもまた、『かきご飯』と同じ理由で美味しい!
焼牡蠣だけを食べに来たはずが、気がつけばすっかり堪能しています。


そしてようやく焼き牡蠣が到着!
プリップリです!
たった4つ(しかも2人で)しか注文していなかったのが悔やまれます・・・。


内側の水分が沸騰して、ぷっくり膨らんでいるのがわかりますでしょうか!?
もちろん一口でパクリ!
熱チチチチッ!!
しかしどんなにハフハフしても、塩気が効いて旨味たっぷりの、口中の肉汁を死守します!
すると、今度は身の甘みがバッチリ感じられて、塩気と相まって・・・。
口の中が至福です。

かきご飯、かきフライ、かきのすいもの、焼きがき・・・心ゆくまで牡蠣を堪能することができました。

ご馳走様でした!!

三重県鳥羽市 浦村町大吉1569

かき太郎(ヤマキ水産
住所 鳥羽市 浦村町大吉1569
tel & fax 0599-32-5659
営業時間 10:00分~15:30
定休日 火曜日

※今年は牡蠣出荷量が少ないため、地方発送は現在、休止しています(H24.12.16)