FM三重『ウィークエンドカフェ』2014年9月20日放送

今回は、昼も夜もきらめきがいっぱいの四日市から、四日市観光協会の観光コーディネーター落合純二さんをお迎えしました。

5年ほど前からブームになっているといわれる工場夜景、みなさんは見たことありますか?
日本国内では5つの都市の工場夜景が有名で、サミットも開催されています。
四日市のコンビナートもその1つ。
昭和30年代、日本で最初に形成された石油化学コンビナートは、今、工場夜景の聖地といわれ、たくさんの人がこの町に足を運んでいます。

9-20-1

■四日市コンビナート夜景クルーズは大人気!

工場夜景として大きなところは、全国で5都市。
四日市市と、神奈川県川崎市、北海道の室蘭市、北九州市、山口の周南市。
パイオニアはやはり川崎市ですね。
四日市市が取り組みを始める数年前から、実際に夜景見学ツアーも行っていました。
川崎市に見学に行った際、これは四日市でもできるのではと思い、帰ってきて改めて夜景を見たところ、やはり綺麗だなあ、と。
ツアーを組んで来てもらえる観光資源になるのでは、と、その時思ったんです。

実際始めてみると、女性のお客さんが多かったのが意外でした。
おいしいものであったり、きれいなものであったり・・・話題性のあるものや世の中のアンテナに関しては、やはり、女性の方が敏感なんでしょうね。

夜景クルーズがスタートして、今年で5年。
わたしは最近、夜景スポットといわれるところに、夜、出かけているんです。
そして、実際に夜景を見に来ている方にお話を聞くなどの活動を行っているのですが、これがなかなか楽しくてですね(笑)

遠方からだと九州から、東北から・・・今や、全国から集まっていただける観光スポットになっています。
だからこそ、こちらの受け入れ側の器というか、ハードやソフトの整備を進めていく必要があると思います。


9-20-2

■真上から夜景を見下ろせるのが、四日市の工場夜景の魅力

『四日市港ポートビル』が四日市港北端にあるのですが、一番上の展望デッキからだと、地上100mから夜景を見下ろすことができるんです。
それがまるで、光の絨毯みたいに見えるんですよ。
他の地域の工場夜景を高いところから見ようとすると、山の上からなど、もっと離れたところから見ることになりますよね。
しかし四日市の場合、コンビナートの真横に建っているので、眼下に工場が見える。
それが四日市の最大の売りです。
2011年に他の都市の方が、四日市に視察に見えたときも、「このビルを持って帰りたい!」と感動されたほどです。

工場夜景というと、工場に近づくためトラックが多く通っていたり、冬は寒く夏は暑くて蚊に刺されたり。
その点、四日市港ポートビルだと、夜景を眼下に見下ろすことができ、エレベーターで揚がることができて、エアコンも効いていて、お手洗いもある・・・女性でも快適に見ていただけます。

ただ、陸上で見るスポットというのは、さっきも言ったようにまだまだ整備されていないので、看板を付けるとか、夜景スポットまでの行き方マップなどをを作って、誘導していけるようにしたいですね。

四日市は実は、飲み屋さんがとてもが多いんです。
夜の楽しみがありますので、夜は夜景を見て、いっぱい飲んで食べて、夜を楽しんでもらい、そして宿泊して欲しいですね。
夜型観光をすすめることで宿泊業者さん、飲食業さん、クルーズを行っている運行業者さんが連携し、全国からのお客さんを受け入れる仕組みができると良いと思います。


9-20-3

■夜景カレンダーも販売中!

工場夜景のカレンダー作成は、今年で2年目です。
赤があり青があり、いろいろな色があり・・・ラジオなのでお見せできないのが残念なくらい、綺麗なんですよ。
これは四日市市内のプロカメラマンさんに撮ってもらっています。
在住者ならではの、夕焼けの時間や美しく見える瞬間を良く知っています。
去年に続いて、渾身の12枚です。
今年もすでにこの卓上カレンダー、販売が始まっています。
購入できるのは、四日市観光協会と『ばんこの里会館』、あとはじばさん三重でも販売しています。

四日市のコンビナートに勤務している市内在住者も多いので、販売前にコンビナート企業さんにお持ちしたところ、すごく綺麗に撮られていると喜んでもらいました。
こちらとしてもコンビナートさんにはたくさん協力してもらっているので、そう言ってくださるのは嬉しいですね。


9-20-4

■『秋のばんこ祭り』で大人気の土鍋料理コンテスト!

四日市の伝統工芸と言えば『萬古焼』。
みなさんあまりご存知ありませんが、土鍋の出荷シェアは、全国の80%を占めているんです。
毎年5月に『ばんこ祭り』を開催しており、6年前からは『秋のばんこ祭り』も開催しています。
今年は10月5日の予定です。
秋は『食欲の秋』とも言いますから、『秋のばんこ祭り』では、土鍋料理のグランプリを開催しています。
今年で3回目になるのですが、過去2回、非常に良い料理がたくさん出てきました。
来場者に実際に食べていただき、良かった鍋料理にビー玉を入れて投票し、グランプリを決めます。
本当にいろいろな鍋料理がでますので、楽しみにしていてください。

鍋料理を食べてもらう際は、萬古焼のゆるキャラ『ポッター』の絵が入ったイベント専用のチケット『ポッター券』を、前売りまたは当日購入していただきます。
これを1枚300円分として使い、いろいろな鍋料理を食べていただきます。

ただ、去年も一昨年も、けっこう早くなくなってしまったので、なるべく早くの来場をオススメします。

それから四日市は萬古焼の他に、お茶も有名で、実は『かぶせ茶』も全国一位なんです。
近鉄四日市駅の1階にある案内所では、観光で訪れた人が四日市のことをよくわかってもらえるようにパンフレットがきれいに並べられ、特産品の展示や販売なども行っています。
ここで水沢地区のかぶせ茶を萬古焼の茶器でふるまっていますので、ぜひゆっくり寛いでいただきたいですね。