ゲンキ特派員092
たいちゃん・きーちゃん
大紀町の特産品「七保牛」と「大内山牛乳」から、七保牛をたいちゃん、大内山の乳牛をきーちゃんとして、2頭の牛をモデルにしている。

町村合併後、大紀町のマスコットキャラクターの作成を県立松阪工業高校繊維デザイン科に依頼した。町内のイベント会場で来場者による人気投票の結果をもとに町観光協会代表役員会で決定された。「たいちゃん きーちゃん」は、町名産の七保牛と大内山乳牛をベースに「服のデザインに海・山・川の自然をちりばめ、しっぽに木の芽をデザインした」キャラクター。


特派員のレポートを見る