三重テレビ『ハピ3!』2015年12月5日放送

今が旬! 鳥羽市浦村のカキ!
身が大きくてツヤツヤな浦村カキは、生はもちろん、焼きカキ蒸しカキ・・・いろいろな食べ方で楽しめますよ!

12-5-1

12-5-2

今回は今が旬の『あるもの』を、ゲンキ特派員112号の山本洋平さんに紹介していただきます!
山本さんは、鳥羽市観光協会勤務なので、鳥羽の情報をたくさん知っているんですよ。
そんな山本さんがオススメする、あるものとは・・・

 

12-5-3

「浦村のカキです!
浦村の綺麗な海で育ったカキは、身がぎゅ〜っと詰まっていて、噛みしめるたびに口の中いっぱいに磯の香りが広がるんです」

うおお、ものすごい眼力!
そして熱く語ってくれました!

 

12-5-4

『浦村カキ』は、鳥羽市浦村町の生浦(おおのうら)湾で養殖されたカキのことで、12月〜3月が旬!
今年は例年よりも状態が良く、美味しいと評判だそうです!

 

12-5-5

さっそく、山本さん推薦のお店『かき小屋さとや』へやって来ました!

 

12-5-6

『かき小屋さとや』の中山俊さんに、オススメの人気メニューを用意してもらいました!

 

12-5-7

じゃん!
こちらがカキを8種類の調理法で楽しむことができる『新・カキざんまい』4000円!

 

12-5-8

まずは生カキを・・・。
山本さんの言うとおり、噛むほどに磯の香りが広がりますよ!

 

12-5-9

笑いが出るほど美味しいです!

浦村カキは普通のカキよりも成長が早く、「一年カキ」とも呼ばれます。
柔らかな身で臭みがなく、さわやかな味わいが特徴なんです。

 

12-5-10

お次は『カキの秘伝味噌鍋』。
こちらは赤味噌と田舎味噌をベースに、果物や野菜が入った『さとや』オリジナルの味噌を使ったお鍋。
やや甘めの味噌がカキによく合います!

 

12-5-11

さらにカキ釜飯、蒸しカキ(または焼カキ)、カキフライ、カキグラタン、酢の物、カキの有馬山椒煮の小鉢が付きますよ!

『さとや』では他にも、地元の海鮮を使った『さとや御膳』や『カキのしゃぶしゃぶ』など、こだわりの料理を味わうことができます。

 

12月〜3月までは、待ちに待ったカキシーズン!
冬の週末は、浦村でカキ三昧を楽しみませんか?

 

かき小屋さとや
住所 鳥羽市浦村町1212−8
営業時間 11:00〜15:00(不定休)
お問合せ 0599-32-5770
※シーズン中は混雑が予想されるため、ご予約をしてからおでかけ下さい