サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重


誰でも気軽に参加できるゴスペルクラブ。
東京・渋谷の人気ゴスペルスタジオ「GOSPEL SQUARE」を中心とするゴスペルスクエア・ファミリーの一員。
初心者大歓迎。有名な曲もトラディショナル・ナンバーも、幅広く歌っていきます。日本人&黒人講師が教えに来る特別ワークショップもあります。
※会費の一部をカンボジアの子供たちに奨学金として寄付しています。楽しい時間のために使ったお金が別の場所で大きな力になります。
基本情報
名称 SunnySideGospelClub
サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重
問合せ TEL:090-9186-8441(小西)
E-mail:sunnyside.ikuho@gospel-sq.com
練習日 https://www.google.com/calendar/b/0/embed?src=ikuho1940@gmail.com
練習プラス 家のPCでパート別の音取り音源が聞けるから家でも練習できる!パソコンのない方も安心。練習曲をCD-Rに録音します。
会費 月会費3500円で最大月12回の練習に参加できます。フリー制。(1回100分・入会金なし)
三重以外のサニーサイドにも自由に参加出来ます。(名古屋・横浜・立川・町田・長野・大宮・船橋・所沢)
初回は無料で体験できます。是非ゴスペルを歌いに来ませんか?お近くのサニーサイドへお申込ください。初心者大歓迎!
※会費の一部をカンボジア農村部の小学生へ奨学金を送る活動をしています。
HP http://www.sunnyside-gc.com
ブログ http://ameblo.jp/sunnyside-mie/



サニーサイドゴスペルクラブ三重、新メンバー募集!
2015.10.13UP

サニーサイドゴスペルクラブ三重、新メンバー募集!

詳細はこちら

声を揃え、全身で歌って、地域も自分もハッピーに!『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』(ゲンキ みえ)
2012.06.17UP

三重テレビ「ゲンキ!みえ!生き活きリポート!」2012年6月17日放送

楽しく歌って、国際協力!
会費の一部はカンボジアの小学生の奨学金に!
CDの収益金でケニアの人々が、きれいな水を飲めるようになりました!

基本情報はこちら

今回ご紹介するのは、『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』。
ゴスペルとは元々、キリスト教プロテスタント系の宗教音楽ですが、ここでは宗教的な意味合いは無しに、気軽にみんなで歌って楽しもうと活動しています。
津、四日市、伊勢、伊賀の県内4ヶ所と名古屋で教室を始めて、丸3年。
この4月には、津リージョンプラザ・お城ホールで3周年コンサートも開催されました。

四日市教室のメンバーの一人、『ジョリー』さん。
ここではみんな、お互いをニックネームで呼び合います。
ジョリーさんはなんと、この『サニーサイド』でご主人と出会って結婚し、お子さんも生まれたという、メンバー同士の結婚の第1号。
いかにメンバー同士が仲が良いかがわかるエピソードですね。

『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』リーダー 小西 生峰さん
小西「私がもともと通っていた渋谷の『ゴスペル・スクエア』というところが、会費の一部を国際協力にあてるという活動をしていたので、同じような活動を三重県でも出来ればいいなあというところから始めたんです」
『楽しむために使ったお金を、別の所・地域で役立てよう』がモットーの『ゴスペル・スクエア』の考えに賛同した小西さんは、歌い始めてから3~4ヶ月しか経っていないにもかかわらず、さらにその3~4ヶ月後に『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』をスタート。
最初は楽譜も読めず、教え方もわからず、手探り状態だったそうです。
そんな勢いから始まった活動が、3年がたった今では、幅広い年代がら集まる参加メンバーの数は150人を超え、どんどん盛り上がっています。

四日市教室でのレッスンの後は、近くのお店にメンバー揃ってお昼。
こうした交流の場があるのも、サニーサイドの魅力です。
小西「ランチはほぼ毎回ですね。歌うとお腹が減るんですよ(笑)」

さらに小西さんは、次の教室に向かうため、車で移動。
途中で津駅に寄り、レッスンのために東京から来てくれたピアニスト、名手(ナテ)さんのお迎え。
名手さんは東京で活動するプロのピアニスト。
演奏を聴いた小西さんが、その音色に惚れ込み、メンバーにも、名手さんの演奏で歌ってもらいたいと、月1回、わざわざ三重まで通ってもらっているのです。

この日2つめの津教室でも、小西さんはゲンキ!
彼女を動かす原動力は、『サニーサイド』のメンバーとのこと。
小西「本当に、私のゲンキの源はメンバーのみんなです。私も会いたいと思うし、一緒に歌いたいと思うので、毎日、楽しくてストレスが無いです、私(笑)」

そんな、ゴスペルのようにパワフルに走り続ける小西さんを支えるパートナーが、不破 縁さん。
不破「思ったよりもたくさんの人が集まってきてくれたので、一人では大変だろうと徐々に手伝うようになり、気づいたらこんな状態になっていました(笑)
大変ですが、それ以上に楽しいです」
小西さんにとって、無くてはならない存在です。

そして『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』は、ゴスペルを歌うための会費を使って、カンボジアの農村部の小学生に奨学金を送る活動もしています。

また、『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』が属する『ゴスペル・スクエア・ファミリー』は、ゴスペルを歌うことを通して、国際協力活動に取り組んでおり、そのチャリティCD第一弾の『Unity(ユニティー)』は1500枚を販売!
その収益金で、ケニアの村に井戸用のポンプを送り、ケニアの人たちにきれいな水を飲んでもらうことが出来ました。
もちろん、東日本大震災の復興支援への取り組みも続けています。

ゲンキになれる音楽、ゴスペル。
自分のために歌い、仲間のために、大切な誰かのために歌う。
そして、みんなで声を合わせ楽しむことが、国際貢献にも繋がっていくのです!
基本情報はこちら

ゴスペルで歌う人も聴く人も幸せに!『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』(エコ)
2011.10.24UP

三重テレビ「ハッピー!エコCUTE!」2011年10月22日放送

四日市・津・伊勢・伊賀を拠点にメンバーなんと150人!ゴスペルを歌って楽しみ、会費はカンボジアやケニアへのチャリティ活動へ!

基本情報はこちら

今回は、ゴスペルを通じてみんなを笑顔に、地域を元気にしているという、
『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』の練習場にお邪魔しました!
津市での練習場は、『津リージョンプラザ』。
ゴスペルとはどんな音楽なのか、サニーサイド・ゴスペル・クラブとは…代表の小西生峰さんにお話を伺いました。

小西「ゴスペルはアメリカの黒人教会で使われている音楽のこと。
 その、ゴスペルという音楽を、とにかく皆で声を出して歌って楽しもうと。
 県内4ヶ所で教室を開催していますが、伊勢のメンバーが、伊賀まで来ることもあるんですよ。
 それだけみんな、仲が良いんです」

『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』の参加メンバーは30歳前後から60歳ぐらい。
練習会場は四日市・津・伊勢・伊賀の4ヶ所。
約150人のメンバーが活動していて、声を合わせて歌うので仲間意識も高まり、プライベートでも遊ぶほど雰囲気が良いそうです。

むっちーもゴスペルに挑戦!
まずは発声練習から。
初めての方でも大丈夫ですよ!

さらに『サニーサイド・ゴスペル・クラブ』はゴスペルを歌うための会費を使って、カンボジアの農村部の小学生4~6年生へ奨学金を送る活動もしています。
三重県は今年で3年目。
2010年度(9月~)、サニーサイド奨学生は30人になりました!

また、ゴスペルを歌うことを通じて国際協力活動に取り組む『GOSPEL SQUARE Fmily 』の第一弾作品『Unity』は1500枚を販売!
CDの収益金で、ケニアの村に井戸用のポンプを送ることができ、ケニアの人たちにきれいな水を飲んでもらうことが出来ました!

そしてなんと、来年4月には『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』が三周年を迎えるのを記念して、コンサートの開催が決定!
場所は津リージョンプラザのお城ホールです!
CDを歌った人も聞いた人も元気になって、さらにチャリティにもなっている…。
小西さんの夢は、もっともっと歌って、ケニアに2つめ3つめの井戸を作りたいそうです!
基本情報はこちら

歌からはじまる進化系コミュニティ!『サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重』(ナオちゃんのエコ)
2011.08.11UP

つ~ぴ~す「ナオちゃんの教えてエコ」2011年8月

「歌って楽しくすごそう!」「仲間ができます!」サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重の小西生峰(こにしいくほ)さん(左)と不破 縁(ふわゆかり)さん(右)にお話を伺いました。

基本情報はこちら

今回はサニーサイド・ゴスペル・クラブ三重の練習会場へおじゃましました。
参加しているメンバーは、30歳前後~60歳。職業も学生からお医者さんまでとバラバラ。
ゴスペルってもともとはキリスト教プロテスタント系の宗教音楽なんだけど、ここは宗教色全くゼロ!練習前から和気あいあいと、みんなめっちゃ楽しそう!!ノリノリでなんだか学生サークルみたいだよ~。

■「代表小西さんのやる気スタート!」
もともとゴスペルに興味があった小西さん。東京でゴスペルスクールに参加したら、大人数で歌う迫力や体全体を使って歌う魅力にはまり、英語も楽譜もわからないけど、とにかく『三重でもやりたい!』とサニーサイド・ゴスペル・クラブ三重を立ち上げました。
今では、ほぼゴスペル漬けの毎日。
曲を覚え、教え方を考え、機材をもって会場に行ってレッスンしたり、イベントに出演したりと大忙し!「しゃべり過ぎて声が出なくなることもあります。(笑)」

■「不破さんのサポートスタート!」

小西さんの仕事仲間でもある不破さんは、突然ゴスペルクラブを立ち上げるから人を集めて!と言い出した小西さんに「頭がおかしくなったんとちゃう??」と驚いたそう。
突っ走る小西さんのサポートをしているうちに、「気付いたら楽しくって抜けられなくなっていました。(笑)」
※1周年記念でメンバーがお祝いしてくれたんだって!素敵!
■「一歩進んだコミュニティスタイル!」
現在、三重では150人のメンバーが活動中。入った理由はみんなイロイロ。
だけど、立場も年齢も関係なく楽しめるゴスペルは、みんなで声をあわせて歌うので仲間意識が高まり、プライベートで遊んだり、お誕生会をしているうちに・・・『ラーメン部、サーフィン部、ダイエット部』など続々と部活が誕生!気分はすっかり高校生!!(笑)
仲間も部活もどんどん増え、なんとイベントの企画主催も行うようになりました。
メンバーが自分達で考え、自ら行動する。主催者を超え、参加者が中心の新しいコミュニティスタイルだね。
※牡蠣食べ放題ツアー(バーベキュー部主催)毎回手作りのソースが登場!デザートも!!
※メンバーが企画主催した「コスプレゴスペル」。これ、私も参加したいかも。笑。

■ナオちゃんの一言
ゴスペルは同じ境遇の人が励まし合うために集まって歌ったのが始まりなんだって。
サニーサイド・ゴスペル・クラブ三重でもゴスペルを通じて、仲間が増え、ビックリするぐらい元気になるメンバーも沢山いるそう。なんだか不思議。ここは素敵な出会いの場だね。

基本情報はこちら