桑名市『九華公園』


桑名城の本丸跡と二の丸跡に造られた公園で、約7.20haの広さがあります。かつて「扇城」と呼ばれ、海道の名城とたたえられた城の面影を残し、たくさんのさくらやつつじ、花菖蒲が植えられ、市民の憩いの場として親しまれています。
4月の「さくらまつり」や5月の「金魚まつり」、6月の「花菖蒲まつり」など、季節に応じて多彩な催しが開かれ、大勢の市民でにぎわっています。
また、園内には松平定綱(鎮国公)と松平定信(楽翁公・守国公)を祭る鎮国守国神社があります。
基本情報
名称 九華公園
住所 三重県桑名市吉之丸5-1
問合せ TEL 0594-21-9932
三重県桑名市吉之丸5-1



『水の郷』桑名で舟の上からお花見!『桑名城お堀めぐり』(ハピ3)
2017.03.11UP

[ 2017年4月1日 〜 2017年4月15日. ]

三重テレビ『ハピ3!』2017年3月11日放送

舟の上からお花見しよう!
九華公園の桜を船の上から、の〜んびり、ゆ〜っくり楽しめます!
夜にはライトアップされた夜桜も!

基本情報はこちら

桜の季節、桑名城跡九華公園で大人気のイベント『桑名水郷舟めぐり』が行われると聞いてやってきました!
 

こちらが『桑名水郷舟めぐり』実行委員会委員長の長谷川義浩さんと、同じく実行委員の平井裕美さん。

「私たちは桜が満開の時期に『桑名城お堀めぐり』を行っています。
この期間、桑名城のお堀に舟を浮かべて、みなさんをご案内しています」

と、平井さん。
 

『桑名水郷舟めぐり』では、『桑名城お堀めぐり』の他にも『船頭平閘門めぐり』や『長良川遊覧お花見ツアー』も開催しています!
 

メインは、桜が満開の中を、舟に乗ってお堀から花を眺めるという風流な趣向。
 

まだ桜は咲いていませんが、今回は一足早く、舟めぐりを体験!
 

かなり水面近くまで、桜の枝が伸びていますね。
舟と桜の距離が近いのも、この舟めぐりの素敵なところ。
お堀の中なので、波が立たないのもうれしいです。
 

九華公園にはソメイヨシノ・しだれ桜、山桜などが咲き、シーズンとなると、舟の上から桜を至近距離で楽しむことができます。
 

こちらの二の丸橋は高さが低く、日によって水面の高さが違うため、かがまないと橋の下を通れないときも!
 

橋を出て左を見ると、水面スレスレに桜が咲き誇ります!
ここが一番の絶景ポイントだそう!
 

こちらは桑名市内の幼稚園児たちが書いたという『水燈籠』。
 

期間中の夜には『夜桜舟めぐり』を開催!
水燈籠とともに、ライトアップされた夜桜を楽しむことができます。
水筒楼がズラリと並んだ中を、舟が進むのは圧巻です!
 

今年は桑名の新しい灯りイベント『灯街道・桑名宿』(3月30日〜4月2日)も九華公園で開催!
水燈籠の他に、桑名の竹で作った『竹燈籠』も並びます。
 
桜に水燈籠と竹燈籠が映えて、幻想的な光景に。
ぜひカップルで、ご家族で、桑名の舟の上から、春を感じてみてはいかがでしょうか?
 
平成29年 桑名城お堀めぐり
開催日 平成29年4月1日(土)〜15日(土) 
    夜桜舟めぐりは3月30・31日、4月1・2・7・8日
開催時間 10:00〜16:00(予約不要)
料金 大人(中学生以上)500円
   小人(1歳以上保護者同伴)200円
お問い合わせ 0594-21-5416(桑名市観光協会)
※天候や開花状況により運休・日程変更することがあります

基本情報はこちら

『水の郷』桑名で舟の上からお花見!『桑名城お堀めぐり』(動画)
2017.03.11UP

三重テレビ『ハピ3!』2017年3月11日放送

舟の上からお花見しよう!
九華公園の桜を船の上から、の〜んびり、ゆ〜っくり楽しめます!
夜にはライトアップされた夜桜も!

基本情報はこちら