先着200名「さいくう平安の杜復元建物のペーパークラフト」無料配布!/斎宮歴史博物館

先着200名「さいくう平安の杜復元建物のペーパークラフト」無料配布!


■配布日時

平成29年3月19日(日)13時

■配布場所

いつきのみや地域交流センター(三重県多気郡明和町斎宮2811)
「子どもわいわいフェスティバル」斎宮歴史博物館特設テント(鋳造体験「和同開珎をつくろう」のコーナー)

■配布組数

先着200人、おひとり1部限り
※無料で配布

■内容

斎宮歴史博物館は、さいくう平安の杜の復元建物をひろく県民の皆様に知っていただくため、復元建物3棟(正殿、西脇殿、東脇殿)のペーパークラフトを作成しました。これを記念して、3月19日(日)いつきのみや地域交流センターで開催される「子どもわいわいフェスティバル」において先着200人に無料で配布します。なおこの復元建物は、その多くに三重県産の木が使われています!

【特色】
さいくう平安の杜復元建物ペーパークラフトは、平成28年度斎宮歴史博物館の斎宮発掘!参加・体験事業において、体験プログラムの1つとして開発しました。復元された建物の図面をもとに作成しており、建物の雰囲気がよく伝わる仕上がりになっています。
【規格・枚数】
A3・4枚組で1セット
2棟の建物と、それを配置する台紙が付属します。

【今後の配布予定】
このペーパークラフトは、今後斎宮歴史博物館等が開催するイベント等で利用・配布する予定です。
※今回、斎宮歴史博物館の受付では配布しません。
 
【参考】
・さいくう平安の杜は、三重県多気郡明和町に所在する国指定史跡斎宮跡において整備された平安時代の復元建物3棟を中心とした歴史公園です。伊勢神宮に仕えた皇族女性「斎王」がこの地でくらしていた当時に思いをはせることができます。
・子どもわいわいフェスティバルは、明和町日本遺産活用推進協議会が主催し、3月19日(日)に明和町のいつきのみや地域交流センターにおいて行われるものです。詳しくは、フェイスブックページ日本遺産のまち明和町(三重県)観光情報をご覧ください。