夏休みの自由研究にもまだまだ間に合う『もくもくしお学舎』で製塩施設見学(ハピ3)

三重テレビ『ハピ3!』2016年8月20日放送

みえ尾鷲海洋深層水のみを使用した、こだわりのある塩作りを見学!
夏休みの自由研究にも役立ちますよ!

8-20-1

8-20-2

こちらは尾鷲市です!
まだ間に合う夏休みの自由研究!・・・というわけで、尾鷲の特産品の一つ、塩を作る施設に行ってきます!

 

8-20-3

こちらがその『もくもくしお学舎』。
廃校となった小学校を、加工場として再活用しています。

 

8-20-4

『もくもくしお学舎』の尾上和寿さんに、この施設についてお聞きしました。

「道を挟んだ所に、海洋深層水を取水する施設があり、そこで採れた綺麗な海水を使った塩作りを行っています」

 

8-20-5

こちらが『みえ尾鷲海洋深層水アクアステーション』
水深415mから組み上げられた『海洋深層水』には身体に必要なミネラルが多く含まれており、この深層水を使って塩を作っています。

 

8-20-6

そこで、こちらの『もくもくしお学舎』にて、塩の製造を見学!
もともと保健室だったところを改造したのが塩作りの製作場所。

 

8-20-7

『もくもくしお学舎』は清浄性を重視し、綺麗な海水を使うことが条件。
真空釜で海水を煮詰めて作る、昔ながらの製法です。

 

8-20-8

海のミネラルもそのまま残るため、『やさしくまあるい味』に仕上がります。

 

8-20-9

こちらはどんどん煮詰めて濃くしていった『かん水』。

 

8-20-10

ちょっと舐めると・・・

「カラッ!!!!」

実はこちらは塩分濃度18%。
海水の約5倍の塩分が含まれています。

 

8-20-11

更に煮詰め、塩分濃度が26%を越えたあたりから塩の結晶化が始まります。
その後、分離器にかけて塩を取り出し、乾燥させればできあがりです!

8-20-12

『もくもくしお学舎』では、手作りの塩と尾鷲の特産品を使った商品を製作。
道の駅や宿泊施設のほか、『もくもくしお学舎』のHPなどでも販売しています。

 

『もくもくしお学舎』の製塩施設は、予約をすれば見学可能!
まだまだ夏休みの自由研究に間に合いますよ!

 

もくもくしお学舎の製塩施設見学
開催場所 尾鷲市古江町192(アクアステーション向かい)
開催時間 9:00〜17:00(不定休)
料金 無料(要予約)
お問い合わせ 0597-27-3030